利用規約

リンクワールドジャパン株式会社(以下、「甲」という。)は、甲が提供するオンラインによる日本語教育および日本語に関する教育サービス(以下、「本サービス」という。)の申込み希望者および利用者(以下、「乙」という)が本サービスを利用することに関して、以下のとおり利用規約(以下、「本規約」という。)を定めます。

乙は、本規約を熟読しなければなりません。なお、甲は、乙が本サービスへの申込みを行った時点をもって本規約のすべての条項に同意したものとみなします。

第1条(本規約の適用範囲および変更)

  1. 本規約は、甲のウェブページ(以下、「本ウェブ」という。)および本サービスの利用に関し、甲および乙に適用されます。乙は、本ウェブおよび本サービスを利用するにあたり、本規約に従うものとします。
  2. 甲が別途本ウェブに掲載する個別規定および追加規定は、本規約の一部を構成するものとします。本規約とこれら個別規定または追加規定が異なる場合には、個別規定または追加規定が優先するものとします。
  3. 甲は、乙の承諾なく、随時本規約を変更することができるものとします。甲は、本規約を変更したときは、変更後の規約を本ウェブに掲載する方法により通知するものとし、通知が完了した時点で変更の効力が生じるものとします。

第2条(本サービス) 

本サービスとは、甲がオンラインによる日本語教育および日本語に関する教育サービスのうち、本ウェブ上で提供する以下のサービスのことを言います。

  1. JLPTプラクティステスト
  2. JLPT試験対策コース
  3. JLink Bizコース (ビジネス日本語コース)

第3条(本サービスの申込み)

  1. 乙は、甲が定める手続きにしたがって本サービスの申込みをすることによって、本サービスを利用することができます。
  2. 乙は、本サービスの申込みにあたり、以下の事項を確認し、同意しなければなりません。
    1. 本規約を熟読し、その内容を理解し、これを遵守すること。
    2. なお、本サービスへの申込みを行った時点をもって本規約のすべての条項に同意したものとみなされます。

    3. 氏名、e-mailアドレス、お住まいの国、母国語 等その他本サービス利用に関して申込み画面において甲が定める必要事項(以下、「登録事項」という。)をすべて入力すること。
    4. なお、入力内容に誤りまたは不備があったことにより乙が不利益を被ったとしても、甲は一切の責任を負わないものとします。

    5. 自らの費用と責任において、本サービスを利用するために必要となる通信機器、パソコンその他の機器、ソフトウェア等を準備し維持すること。
    6. 本サービスの一貫性を確保または維持するため、必要な情報を記録することができること。
    7. 乙に対して、本サービスに関する電子メールによる通知、広告、アンケート等を実施することができること。
    8. カスタマーサポートの向上等のため、乙の問い合わせ内容等を記録、録音、保管することができること。

第4条(申込み後のキャンセル) 

申込み後のキャンセルはできないものとします。
ただし、講座期間が2ヶ月を越え且つ支払総額が50,000円を超える場合は、特定商取引法に基づき、クーリングオフ及び中途解約規定が適用されます。

第5条(申込みの拒否)

  1. 甲は、乙が以下に定める事由のいずれかに該当する場合、本サービスの申込みを拒否することができるものとします。
    1. 乙が実在しない場合
    2. 申込みの際に入力した事項に虚偽、誤記または記入漏れがあった場合
    3. 乙が、過去に甲より本サービスの利用を拒絶されたことがある場合
    4. 乙の指定した銀行口座、クレジットカードまたはその他決済サービスが利用停止中である場合
    5. 乙が過去に代金の支払いを滞っていた場合
    6. 乙が制限行為能力者(未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人)であり、申し込みの際に法定代理人、保佐人または補助人の同意等を得ていない場合
    7. その他、本サービスの利用者として不適当であると甲が判断した場合
  2. 甲がいったん申込みを承諾した場合であっても、乙が前項に定めるいずれかの事由に該当することが判明した場合、甲は、当該承諾を取消し、IDおよびパスワードを抹消し、無効とすることができるものとします。

第6条(本サービスの利用)

乙は、本サービスを利用するときは、申込み時に入力したID、パスワードおよびそれぞれのサービスのユーザガイドに基づいて利用するものとします。

第7条(IDおよびパスワードの管理)

  1. 乙は、自己のIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を負うものとします。
  2. 乙は、IDおよびパスワードの貸与、譲渡、名義変更、売買または質入れしてはならず、また、方法のいかんを問わず第三者に利用させてはならないものとします。
  3. IDまたはパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、乙が負うものとし、甲はその責任を一切負わないものとします。
  4. 乙は、IDまたはパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに甲にその旨を連絡するとともに、甲から指示を受けた場合には、これに従うものとします。

第8条(登録事項の変更)

  1. 乙は、登録事項に変更のあった場合は、遅滞なく、甲が定める手段によって甲に届け出るものとします。
  2. 乙は、前項の届出を怠った場合に、甲からの通知が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることをあらかじめ異議なく承認するものとします。

第9条(個人情報の取扱い)

  1. 甲は、乙が申込みの際に登録した登録事項およびその後に甲に届け出た事項その他乙に関する情報(以下、「個人情報」という。)を、別途本ウェブ上に掲示する「プライバシー規約」に基づき、適切に取り扱うものとします。
  2. 甲は、乙の個人情報を本サービスの提供の目的にのみ使用するものとします。
  3. 甲は、乙の承諾を得ない限り、第三者に個人情報を開示または提供しないものとします。ただし、次の場合はこの限りではありません。
    1. 法令または官公署の命令により開示が求められた場合
    2. 本サービスの提供の目的で本サービスの一部を委託する第三者に提供する場合

第10条(利用料金の支払)

  1. 乙は、甲に対して、本サービスの利用料金を以下のいずれかの方法にて支払わなければなりません。
    1. クレジットカード、または、その他の決済サービスにより支払う方法
    2. 甲の指定する金融機関の口座に振り込む方法
  2. 乙と当該クレジット会社、収納代行会社、金融機関などの間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、甲は一切責任を負わないものとします。

第11条(通知方法)

  1. 甲から乙への通知は、本規約に別段の定めがある場合を除き、乙の登録事項に記載された電子メールアドレス宛の電子メール、本ウェブへの掲載またはその他甲が適当と認めるその他の方法によりなされるものとします。
  2. 前項の通知が電子メールで行われる場合、甲は、乙の加盟するサーバ宛に電子メールを発信し、当該サーバに到着したことをもって乙への通知が完了したものとみなします。
  3. 第1項の通知が本ウェブページへの掲載により行われる場合、当該通知が本ウェブに掲載された後10日間が経過した時点で乙への通知が完了したものとみなします。

第12条(禁止事項)

  1. 乙は、本サービスの利用にあたり、以下に定める行為を行ってはならないものとします
    1. 本サービスを利用する権利を第三者に譲渡もしくは使用させること、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供すること
    2. 甲または第三者の名誉を傷つけ、信用を損なう行為、
    3. 甲または第三者の著作権、商標権その他の権利を侵害する行為、またはその恐れのある行為
    4. 違法行為、公序良俗に反する行為
    5. 本サービスの運用を妨げる行為
    6. 本サービスを営業行為、営利目的およびその準備に利用する行為
    7. 本サービスの他の利用者・講師に違法行為を勧誘または助長する行為
    8. 本サービスの他の利用者・講師が経済的・精神的損害、不利益を被る行為
    9. 本サービスの他の利用者・講師に対して、宗教、政治結社等の勧誘をする行為
    10. 講師に甲の競合となるサービス・企業での勤務を勧誘する行為
    11. 一つのアカウントを複数のユーザで利用する行為
    12. 複数のアカウントを登録する行為
    13. その他、甲が不適当と判断する行為
  2. 乙の前項に違反した行為に起因して甲または第三者に損害が生じた場合、乙はすべての責任を負い、甲は一切責任を負わないものとします。

第13条(罰則規定)

  1. 乙が以下のいずれかに該当する場合、甲は、何らの通知または催告をすることなく、乙に対して、本サービスの利用の一時停止または登録の取消をすることができるものとします。
    1. 第5条第1項に定める事由のいずれかに該当する場合
    2. 第12条第1項に定める行為を行った場合
    3. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    4. 利用料金の支払いを遅滞または怠った場合
    5. 本サービスの利用に際し、甲からの重大な指示等に従わなかった場合
    6. その他の事由で甲が乙による本サービスの利用を不適切と判断した場合
  2. 乙が前項に基づき甲から処分を受けた場合、甲は、乙に対して、乙がすでに支払った利用料金の払戻しを一切行わないものとします。

第14条(本サービスの中断・終了・廃止)

甲は、第11条に定める方法にて、事前に乙に通知することにより、本サービスを中断、終了または廃止することができるものとします。

第15条(免責事項)

甲は、以下に定める事項に起因または関連して発生した乙の損害について、一切の責任を負わないものとします。

  1. 戦争、暴動、自然災害など不可抗力により、本サービスの提供を、遅滞、変更、中断、もしくは廃止した場合
  2. 電気通信事業者が提供する役務の不具合、トラブル等により本サービスが利用できなかった場合
  3. 乙の過失によるIDまたはパスワードの紛失または使用不能により本サービスが利用できなかった場合
  4. 本サービスの効果、有効性、正確性、真実性等
  5. 乙の費用と責任において準備した通信機器、パソコンその他の機器、ソフトウェア等の不具合、トラブル等により本サービスが利用できなかった場合
  6. 本ウェブで提供するすべての情報、リンク先等の安全性、正確性、最新性等
  7. 本ウェブから、または本ウェブへリンクしている甲以外の第三者が運営するウェブサイトの内容やその利用等

第16条(損害賠償)

  1. 本サービスの提供、遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失もしくは消失、またはその他本サービスに関連して発生した乙または第三者の損害について、別段の定めがある場合を除いて、甲は一切責任を負わないものとします。
  2. 乙が本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、乙は自己の責任と費用をもって解決し、甲に損害を与えないものとします。
  3. 乙が本規約に違反したことによって甲に損害を与えた場合、甲は乙に対して損害賠償の請求ができるものとします。

第17条(著作権)

  1. 本ウェブおよび本サービスに関する商標、記載等についての著作権はすべて甲に帰属します。乙は、甲の事前の明示の承諾なく同商標等の利用、他のサイト上への転載等を行ってはなりません。
  2. 甲は、乙が前項に違反した場合、乙に対して、商標法、著作権法等に基づき、警告、告訴、損害賠償請求、差止請求、名誉回復措置等請求等の処置を行うことができるものとします。

第18条(暴力団排除条項)

  1. 甲は、乙が以下のいずれかに該当する場合、何らの催告をすることなく、乙に対して、本サービスの利用停止または登録の取消をすることができるものとします。
    1. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」という。)に属すると認められるとき
    2. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められるとき
    3. 反社会的勢力を利用していると認められるとき
    4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
    5. 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
    6. 自らまたは第三者を利用して、甲または甲の関係者に対し、詐術、暴力的行為、または脅迫的言辞を用いたとき
  2. 甲は、乙が自ら又は第三者を利用して以下のいずれかに該当する行為をした場合には、何らの催告をすることなく、乙に対して、本サービスの利用停止または登録の取消をすることができるものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流し、偽計を用いまたは威力を用いて甲の信用を毀損し、または甲の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. 乙は、反社会的勢力のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等ではないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
  4. 甲は、本条の規定により、本サービスの利用停止または登録の取消をした場合には、乙に損害が生じても甲は何らこれを賠償ないし補償することは要せず、また、これにより甲に損害が生じたときは、乙はその損害を賠償するものとします。

第19条(準拠法)

本規約の準拠法は、日本法とします。

第20条(合意管轄)

本サービスの利用または本規約から生じる一切の紛争については、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。